稲沢市にお住まいの方に重要なお知らせです

シロアリ駆除がとてもやりにくい家の構造が愛知県稲沢市にもよく見受けられます。

それは高気密高断熱住宅に良くみられる構造で基礎に断熱材を取り付けた構造です。基礎の外側に取り付けたものを外断熱、内側に取り付けたものを内断熱といい床下を暖めるためにウレタンフォームをベタ基礎ならその下面まで取り付けたりもします。

ウレタンフォームなど発泡プラスチック系の断熱材はシロアリの好みにあうようで好んで入り込みます。木材でも被害にあいにくい樹種と喰われやすい樹種があり、どちらが先にと単純に比較するなら柔らかい木が先に喰いつくされます。

シロアリ駆除を依頼され愛知県稲沢市のとあるお宅に訪問したときも断熱材の中を通り土台に到達していてその侵入経路を特定するのに苦労した経験があります。

苦労したのは特定することだけではなく、駆除するにも苦労した記憶があります。断熱材をすべて取り除くにはずいぶんと費用がかかりますし、そうしなければ確実な駆除がむずかしい現場です。

もし、あなたのお住まいの基礎に断熱材が施工されているならとにかくシロアリに侵入されないようにすること、つまり予防が通常の軸組み構造よりもシロアリ対策上重要です。

そうそう、特に布基礎でしかも内断熱の場合は気を付けてほしいものです。断熱材を防湿コンクリートや蓄熱コンクリートと布基礎の間に挟み込むタイプは、シロアリを誘っているのと同じです。床下の空気を室内に循環させる空気循環式の建物はたくさんの被害事例を聞いています。

シロアリで気になることがあれは、今すぐご連絡ください

※ホームページを見たのですが…いいですか?」とお話しください。うまく話せなくても大丈夫です。安心して今すぐお電話ください。

ココをクリック

※24時間以内に返信いたします

地域のシロアリ情報