シロアリ調査の秘密を公開します

シロアリ調査とはどんな内容か?!

白いウジのような虫を偶然見てしまっっとき「シロアリかもしれない」という直感が働くようです。そしてネットで調べたりご家族に相談したり。その後シロアリ業者に調査をしてもらうことを考えます。

さて、シロアリの調査を頼むときにも様々な不安がよぎるようです。

「本当にシロアリなのか」
「家は倒れないだろうか、どの程度喰われているのか」
「シロアリだとしたら駆除にどの程度の費用がかかるのか」
「使うシロアリ駆除剤は家族にとって大丈夫だろうか」
  子どもさんにアドピーやアレルギーがあればなおさらです。
 それに家族同様にかわいがっているペットがいても同じです。
「調査は壁などを壊すのだろうか」
「シロアリ駆除の方法はどんなことをするのか」

などなど。

今日は、シロアリ調査の内容についてお話します。もちろん業者によってその内容や正確さは大きく違います。

多くの場合、玄関やお風呂などから羽アリが飛び出すことで気付きます。シロアリは光や風、空気に身体をさらすことを嫌います。そのため被害がある程度出るまで気付かない壁内や床下、柱の中で巣を作り、そこが餌場でもあります。

こうした特徴があるために床下のシロアリ調査が重要です。台所に床下収納庫があればそれをはずして床下に入ります、なければ和室の畳をあげ、その下の床板を切り開いて床下に入ります。

どこか一か所から床下に入ることができれば、玄関と浴室など以外の部屋はすべて見られることが大半です。でも、各部屋の壁下にある基礎というコンクリートの壁にある換気口が小さいと点検ができません。この時は行くことのできない部屋や廊下などの床面に点検口を作成することをお勧めします。

床下内で各部屋に行くことができないとき今でも基礎を壊してしまうことがあるようです。

でもこの方法は絶対にお勧めできません 。基礎というのは、何十トンという家全体の重量を地面に逃がすという大切な役割があるからです。そして換気口を広げた跡、補強するという業者もいますが、それでも元通りの強度には戻らないからです。

シロアリを駆除できても家の強度を大幅に落としたのでは意味がありません。

さて床下がある箇所は目で見て確認できます。でも玄関やタイル張りのお風呂はどうするのでしょうか。

ほとんどの業者は被害部などを見るだけでこれ以上にはどうすることもできません。でもこれではシロアリ駆除作業をする時、直感に頼るしかありません。直感に頼ることになれば必要以上のシロアリ駆除剤を使う必要になりますし、使う必要のない箇所に使うことにもなりそこに住まう人へのシロアリ駆除剤の影響が心配です。

シロアリを駆除することだけが重要ではなく、薬の影響も考慮するならぜひ非破壊検査機を使ってほしいものです。シロアリ調査の正確さや内容はそのままシロアリ駆除の方法を決定づける大切な作業であることがわかります。

さて、調査の理想はお住まいの中だけではありません。

敷地内、庭などに生息しているだけであれば緊急性はありません。でも、いなければいない方がより安心なのは当たり前です。また、庭内に生息していることがわかれば住まいの点検の必要性も高まります。心構えができるとも言えるでしょうか。

シロアリ業者には、ぜひお住まいの周囲も丁寧に点検してほしいものです。

大切なことですので、もう一度繰り返します。シロアリ調査は見積もりを出すためにあるのではありません。ご家族にとってもっとも納得のいくシロアリ駆除方法を見つけ出しために、そして必要以上のシロアリ駆除剤を使わないためにどうしても必要な作業です。

シロアリで気になることがあれは、今すぐご連絡ください

※ホームページを見たのですが…いいですか?」とお話しください。うまく話せなくても大丈夫です。安心して今すぐお電話ください。

ココをクリック

※24時間以内に返信いたします

地域のシロアリ情報