シロアリ駆除 愛知県の特徴

愛知県でもシロアリ被害は発生します。

 

よくあるケースとしては、基礎構造の隙間から入り込んだシロアリが床下から侵入し、蟻道を作ります。やがて屋内の玄関や浴室へと侵入しいていきます。

 

「うちの基礎はベタ基礎コンクリートだから、シロアリなんて侵入してこない。大丈夫」。こんな話をよく聞きます。でも、信じられないかも知れませんがシロアリはコンクリートの基礎でも侵入してくるのです。

 

例えば、コンクリートにあるほんの少しの亀裂やひどいものだとコンクリート自体を噛んで貫通させた例もあります。つまり、コンクリートだからといって油断は禁物です。定期的に床下をチェックし、基礎に亀裂がないか?確認することをお勧めします。

 

シロアリと聞くと一般的には駆除が目立ちますが、実は予防工事というものがあります。具体的にはシロアリを寄せ付けない薬剤を床下に散布したり、玄関や浴室など床下の無い場所は壁内に注入します。その他には、床下の湿度を下げるために、調湿剤を使うこともあります。

 

愛知県はシロアリが多く生息する地域の一つです。シロアリ被害にあうと、最悪、家屋を破壊することがあります。家屋破壊とシロアリ工事の費用よりは、予防工事の方が割安です。一種の保険だと思って、定期的な予防工事をお勧めします。

シロアリで気になることがあれは、今すぐご連絡ください

※ホームページを見たのですが…いいですか?」とお話しください。うまく話せなくても大丈夫です。安心して今すぐお電話ください。

ココをクリック

※24時間以内に返信いたします

地域のシロアリ情報