半田市に見られる被害の特徴と対策

愛知県半田市の住まいの床下はその多くが地面とシロアリの餌となる木材が離れています。

素材が木材である土台は基礎の上にあり、床束は束石の上に乗っています。そのためにシロアリは必ず地面から這い出した後、蟻道を作るという苦労を強いられます。また、シロアリは地中から水分を運び木材を湿らせながら食害していくのですが、この点でも土台などの木材は食べられにくい構造だと言えます。

蟻道という目で見てわかる兆候があるためシロアリ駆除を考える時愛知県半田市にお住まいなら「床下の点検」がまずもって重要です。

次に、浴室やトイレはほとんどのお住まいで家の中にあります。そして、タイル張りの土間作りでコンクリートの基礎で囲われるその中は土で一杯にします。基礎の上には土台という木材がありますからシロアリにとってはなんなくその土台に辿り着くことができるわけです。

浴室も似たような構造でタイル張りならばその基礎の内側にはやはり土が目一杯詰まっています。そのために浴室の入り口が被害にあいやすいのです。また浴室は浴槽に貯めるお湯の温かさがそのまま地中に伝わりますので、余計にシロアリを誘います。

そして、玄関。コンクリートの枠の中に土が入れられ土間作りとなっている構造がほとんどです。その土間の上には玄関ドアのサッシ枠がはめられその裏側には木材の受け材や柱があります。地中からコンクリートに沿って這いあがってきたシロアリは誰にも気付かれることなく柱や受け材を見つけ食べ始めます。

こうした点がシロアリ駆除の必要性に迫られた時、知県半田市の住まいでは玄関、タイル張りの浴室、トイレなどが注意すべき理由です。

囲われた基礎の内側に土を一杯にし、点検もできない構造で風も通らないのですから。


シロアリで気になることがあれは、今すぐご連絡ください

※ホームページを見たのですが…いいですか?」とお話しください。うまく話せなくても大丈夫です。安心して今すぐお電話ください。

ココをクリック

※24時間以内に返信いたします

地域のシロアリ情報