武豊町の駆除ポイント

愛知県武豊町には「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」の両方が生息しています。

明確にわかっている生息範囲はイエシロアリならJR武豊駅の周辺、ヤマトシロアリなら武豊町全域です。

どちらのシロアリなのかを判断することはとても重要でその後の駆除方法の選択やそれがキチンとできるかどうかにかかわります。そこでシロアリの生態について話しします。

羽のあるシロアリは「羽アリ」と呼ばれ生殖能力があります。雄も雌も同時に飛び出し着地したあとすぐに羽を落とします。その後1対の夫婦となり新しい集団、家族を作ります。このシロアリの夫婦は王と女王になり卵を生み何万、何十万という子どもを作るのです。

どの羽アリも光に向かって飛び出しますが、ヤマトシロアリの羽アリは、5月の連休の前後の雨上がりの翌日良く晴れた日に飛び出し窓際に集ます。

イエシロアリの羽アリは、6月の頃、やはり雨上がりの翌日夕方から夜にかけて飛び出し、外灯などの光に集まる傾向があるわけです。でも、いったん羽を落とすと光とは反対方向に行動し、その場所へと隠れようとします。

どちらのシロアリも集団の大きさに応じて卵を産む数も増え腹部が肥大化し歩くことも簡単にはできないほどになります。大きな集団になれば女王は1日に数万個の卵を産むといわれ一定の周期で産卵期と休息期を交互に繰り返します。

シロアリ駆除の必要性を感じた時愛知県武豊町にお住まいならば、まずいつ羽アリが出たのかそれを元に判断されるといいでしょう。

シロアリで気になることがあれは、今すぐご連絡ください

※ホームページを見たのですが…いいですか?」とお話しください。うまく話せなくても大丈夫です。安心して今すぐお電話ください。

ココをクリック

※24時間以内に返信いたします

地域のシロアリ情報