三重県のシロアリ駆除情報

三重県にお住まいの方に大切なお話しをします。

三重ではシロアリ駆除を行う時どんなことに注意が必要なのか。

その参考となる情報をまとめています。

日本を代表するメーカーの工場があるなど広い平野部と東紀州など比較的温暖な地域があり、西側は山間部というまったく異色の地域がある三重県です。そしてここには主にヤマトシロアリとイエシロアリという効果的な駆除法がまったく違う種類のシロアリが生息しています。

伊勢志摩、中南勢地域の海岸線に近いところでは、イエシロアリという動猛なシロアリが生息しており、大抵は床下や住まい全体を散布してもなかなか駆除しきれません。

また、三重県の山間部側では主にヤマトシロアリという集団は小さいけれど、あちこちにいくつも巣を作るシロアリが生息しています。

イエシロアリのひとつの集団の数は何百万頭(匹)にもなります。そのため住まいに被害を与えるその時は床下だけではなく、2階やさらにその上の天井裏までも喰いつくすシロアリで家中散布をしてもなかなか根絶できません。

それにどんなに安全な薬剤でも家中に散布するなど人への影響が心配です。もちろん、シロアリの潜むすべてに散布することそれ自体が物理的にむずかしいとも言えますが。

にもかかわらず、散布という手法で対処した場合、良くても数年間程度で再び被害にあうということがよくあります。

一方、三重の内陸部に主に生息するヤマトシロアリはひとつの集団が小さいので、薬剤の影響を小さく安全性を優先したい場合には生息部だけの処理もひとつの選択肢です。

また、住まいの構造によってもその駆除法には工夫が必要です。

ヨーロッパのお城をイメージしてデザインされたようなモダンな西洋家屋に時々あるのですが、とても駆除がしにくい構造のお住まいもあります。

こうした場合には一般的な床下への散布という手法では解決できません。時には、基礎外側に施設された断熱材を剥がさなければならないときもあります。いくつもの手法を併用しなければどうしようもない時もあります。

こうしたある意味基礎知識を知っているかどうかでシロアリ業者の選択や後々、駆除できない、いつまでも羽アリが出るなどのトラブルを回避できることにつながります。

三重県でシロアリ駆除をしなければならない時、知っておくと役立つ情報をどうぞご覧ください。

詳しくはこちら

岐阜県のシロアリ駆除情報

岐阜県にお住まいの方に大切なお話しをします。

ここ岐阜ではシロアリ駆除を行う時どんなことに注意が必要なのか。
その参考となる情報をまとめています。

岐阜市、羽島市などどちらかと言えば山間部に近い地域では主にヤマトシロアリという種類の生息と被害が中心です。

海岸線に近い地域では、イエシロアリという動猛なシロアリが生息しており、大抵は床下や住まい全体を散布してもなかなか駆除しきれないのですが岐阜という地域ではこの種のシロアリはまず生息がないと思ってかまいません。

岐阜のどこであっても内陸部に主に生息するヤマトシロアリは1軒のお住まいの中にいくつもの巣をを作ったり、屋外の切り株や添え木などにもいたりします。

偶然、どこかでシロアリを見つけた時そこだけを駆除して安心してはいけません。ひとつ見つかったなら他にもいるかもしれないと考え住まい全体を丁寧に点検することをお勧めします。

このヤマトシロアリはひとつの集団が比較的小さいので、薬剤の影響を小さく安全性を優先したい場合には生息部だけの処理もひとつの選択肢です。

また、住まいの構造によってもその駆除法には工夫が必要です。

冬の寒さから家屋内を守るために床暖房や断熱材を施している方が多いのですが、シロアリ対策上これらは要注意箇所です。

なぜなら、シロアリは水分に集まると言うよりも「暖かさ」に誘われるからです。

また住まいの中で被害があるのにどこから侵入されたのかが分からない時は断熱材の中を通って入り込まれている可能性を考えなくてはいけません。

岐阜という地域でシロアリ対策を考える時の注意点のひとつです。

こうした場合には一般的な床下への散布という手法では解決できません。時には、基礎外側に施設された断熱材を剥がさなければならないときもあります。いくつもの手法を併用しなければどうしようもない時もあります。

こうしたある意味基礎知識を知っているかどうかでシロアリ業者の選択や後々、駆除できない、いつまでも羽アリが出るなどのトラブルを回避できることにつながります。

岐阜県でシロアリ駆除をしなければならない時、知っておくと役立つ情報を詳しく公開していますのでどうぞご覧ください。

詳しくはこちら

愛知県のシロアリ駆除情報

愛知県にお住まいの方に大切なお話しをします。

ここ愛知ではシロアリ駆除を行う時どんなことに注意が必要なのか。
その参考となる情報をまとめています。

名古屋市という中堅都市を中心に南は知多半島という温暖な地域があり、北には山間部というまったく異色の地域がある愛知県です。そしてここには主にヤマトシロアリとイエシロアリという効果的な駆除法がまったく違う種類のシロアリが生息しています。

海岸線に近い地域では、イエシロアリという動猛なシロアリが生息しており、大抵は床下や住まい全体を散布してもなかなか駆除しきれません。

また、愛知県名古屋市などでは主にヤマトシロアリという集団は小さいけれど、あちこちにいくつも巣を作るシロアリが生息しています。

イエシロアリはひとつの集団が何十メートルにも広がり、その数は何百万頭(匹)にもなります。そのためその一部である住まいのシロアリにいくら散布をしてもなかなか根絶できません。
すでに人が住んでいる住宅では柱は壁内にあって見えません。家具もあり床下も狭く、厳密にいえば、すべてを正確に点検把握することもむずかしいためにもれなくすべてに散布することが物理的にむずかしいとも言えるのです。

にもかかわらず、散布という手法で対処すると良くても数年間程度で再び被害にあうということがよくあります。

一方、愛知の内陸部に主に生息するヤマトシロアリはひとつの集団が小さいので、薬剤の影響を小さく安全性を優先したい場合には生息部だけの処理もひとつの選択肢です。

また、住まいの構造によってもその駆除法には工夫が必要です。

ヨーロッパのお城をイメージしてデザインされたようなモダンな西洋家屋に時々あるのですが、とても駆除がしにくい構造のお住まいもあります。

こうした場合には一般的な床下への散布という手法では解決できません。時には、基礎外側に施設された断熱材を剥がさなければならないときもあります。いくつもの手法を併用しなければどうしようもない時もあります。

こうしたある意味基礎知識を知っているかどうかでシロアリ業者の選択や後々、駆除できない、いつまでも羽アリが出るなどのトラブルを回避できることにつながります。

愛知県でシロアリ駆除をしなければならない時、知っておくと役立つ情報をどうぞご覧ください。

詳しくはこちら

名古屋市にお住まいなら注意してください

シロアリとひと言で言ってもいくつかの種類があります。

そして羽アリが飛んだり、被害があった時そのほとんどは「ヤマトシロアリ」か「イエシロアリ」のどちらかです。

シロアリかどうかが判明したならば、次にその種類を判別することをお勧めします。
なぜなら、種類によってその効果的な駆除法が違うからです。

ヤマトシロアリはどちらかと言えば、臆病で集団も小さく多くの場合2階まで被害が広がることはありません。定期的な点検をするなら今生息しているところだけをキチンと駆除すればあわてる必要はありません。

でもイエシロアリならば住まい全体に被害が広がることもめずらしくありません。西三河のある地域ではシロアリで家を建て直したという話しはめずらしくないようです。ですのでイエシロアリだったなら完全駆除をめざさないといつまでたっても被害が収まらないというこになりかねません。

さて、愛知県名古屋市の場合はこの「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」のどちらの可能性もあります。特に名古屋市内でも海岸に近い場所や大府市など知多半島に近いところはイエシロアリの可能性を疑ってください。

イエシロアリの羽アリは強靭な羽をもつために風にのってどんどん愛知県名古屋市内陸部へその生息地域を広げています。

羽アリの色が茶色であったり、体長が10mm前後あったり、夕方から夜にかけて出てきているようならそれはイエシロアリかもしれません。

シロアリ駆除を考える時あなたのお住まいが愛知県名古屋市内なら散布法とベイト法どちらがより適切なのかシロアリの種類から判断されることが重要です。

岡崎市に住む方だけの駆除費用を安く済ますコツ

シロアリとひと言で言っても羽アリが飛んだり、被害があった時そのほとんどは「ヤマトシロアリ」か「イエシロアリ」のどちらかです。

愛知県岡崎市にお住まいならまず「本当にシロアリかどうか」を判別してください。次にその種類を判別することをお勧めします。でも大半はヤマトシロアリと判断して大丈夫です。
なぜ、このようなことをお勧めするのか。それはシロアリの種類によって駆除方法が違うからです。

でも岡崎市ではそのほとんどがヤマトシロアリです。ですのでヤマトシロアリの駆除方法を選択してください。

ヤマトシロアリはどちらかと言えば、臆病で集団も小さく多くの場合2階まで被害が広がることはありません。定期的な点検をするなら今生息しているところだけをキチンと駆除すればあわてる必要はありません。

さてヤマトシロアリの駆除方法も大きくは2つに分かれます。
ひとつは民間団体が推奨する駆除方法です。そしてシロアリの生態や特徴に応じた駆除方法です。

さて、愛知県岡崎市のシロアリは「ヤマトシロアリ」です。その被害の多くは玄関やタイル張りの浴室入口だったりします。これはひとつには玄関土間が日差しによって暖められてそのぬくもりにシロアリは引き寄せられるのです。浴室も同じです。毎日お湯を浴槽にはったり、排水するために暖かさが地面に伝わりシロアリが寄りやすいのです。

愛知県岡崎市の浴室はシステムバスという形で床下があったりしますね。このように床下という空間があることで地面とシロアリの餌となる木材が切りはなさられるために被害にあいにくい構造になりつつあります。

でも、いまのところ玄関ばかりはまだシロアリ対策、駆除に有効と思われる構造を見たことことがありません。簡単に言えば、玄関土間の下に床下と言う構造を作ることがお勧めです。

羽アリの色が黒っぽかったり、体長が10mm前後あったり、5月のころ雨上がりの翌日昼から夕方にかけて出てきているようならそれはヤマトシロアリかもしれません。

シロアリ駆除を考える時あなたのお住まいが愛知県岡崎市内なら散布法でしかもシロアリの生態や特徴に応じて対処する薬剤をできるだけ使わないシロアリ駆除法をお勧めします。

 

半田市に見られる被害の特徴と対策

愛知県半田市の住まいの床下はその多くが地面とシロアリの餌となる木材が離れています。

素材が木材である土台は基礎の上にあり、床束は束石の上に乗っています。そのためにシロアリは必ず地面から這い出した後、蟻道を作るという苦労を強いられます。また、シロアリは地中から水分を運び木材を湿らせながら食害していくのですが、この点でも土台などの木材は食べられにくい構造だと言えます。

蟻道という目で見てわかる兆候があるためシロアリ駆除を考える時愛知県半田市にお住まいなら「床下の点検」がまずもって重要です。

次に、浴室やトイレはほとんどのお住まいで家の中にあります。そして、タイル張りの土間作りでコンクリートの基礎で囲われるその中は土で一杯にします。基礎の上には土台という木材がありますからシロアリにとってはなんなくその土台に辿り着くことができるわけです。

浴室も似たような構造でタイル張りならばその基礎の内側にはやはり土が目一杯詰まっています。そのために浴室の入り口が被害にあいやすいのです。また浴室は浴槽に貯めるお湯の温かさがそのまま地中に伝わりますので、余計にシロアリを誘います。

そして、玄関。コンクリートの枠の中に土が入れられ土間作りとなっている構造がほとんどです。その土間の上には玄関ドアのサッシ枠がはめられその裏側には木材の受け材や柱があります。地中からコンクリートに沿って這いあがってきたシロアリは誰にも気付かれることなく柱や受け材を見つけ食べ始めます。

こうした点がシロアリ駆除の必要性に迫られた時、知県半田市の住まいでは玄関、タイル張りの浴室、トイレなどが注意すべき理由です。

囲われた基礎の内側に土を一杯にし、点検もできない構造で風も通らないのですから。


春日井市の駆除ポイント

シロアリ駆除を考える時、愛知県春日井市などに生息するシロアリは「ヤマトシロアリ」とほぼ断定して問題ありません。

ヤマトシロアリであれば、生息箇所や被害箇所への薬剤の適切な処置だけでOKです。もちろん予防も同時に考えたいということであればそれ相応の処置や定期的な点検が必要です。

さて、考慮しなければならないのは最近の構造的な特徴です。

人にとっての快適性を追求した高気密高断熱の家では被害が増えています。そして特に多いのは土間床式、つまり床下がない構造です。地中に潜むシロアリが基礎と防湿コンクリートの継ぎ目や基礎と断熱材の間を侵入し土台や柱などに被害を与えます。
これは、全国的に玄関が被害にあいやすいことと構造的に似ています。

こうした構造が被害にあいやすい原因は、シロアリが侵入しやすく被害が出るまで気付きにくいことがその要因です。もちろん、こうした構造では駆除もしにくくその費用も高額になりやすい特徴があります。

ですので、愛知県春日井市で高気密高断熱の住宅にお住まいなら家の中に侵入される前にシロアリを見つけ出し駆除することが大切です。ですので床下がある家よりはシロアリに対して普段注意しておくことをお勧めします。

ではどう注意しておくのか。

愛知県春日井市では問題のない状態のうちにお住まいの周りにベイト法という手法をされるといいでしょう。ステーションと呼ばれる容器に木材片などを入れお住まいの周りに埋めておき定期的にそれを点検します。

その容器にシロアリが見つかれば近くまで来ていることの証明で、家に侵入される前にシロアリ駆除が可能になります。

一宮市の駆除ポイント

シロアリ駆除を考慮するとき愛知県一宮市などに生息するシロアリは「ヤマトシロアリ」と考えてほぼ問題ありません。

そしてヤマトシロアリはひとつの集団の数が少なく(少ないといっても数万匹から数十万匹ですが)生息域も狭いために見つけたシロアリや被害箇所への適切な薬剤の散布、注入だけでしばらくの間はOKです。

もちろん予防もいっしょにやりたいということなら、これを機会に問題のない床下の基礎などに散布をすると安心です。

さて、愛知県一宮市でシロアリ対策上考慮しなければならないのは最近の住まいの構造的な特徴です。

シロアリ駆除を今否応なしに考えなければならないとしたら、まず疑わなければいけない場所として玄関があげられます。玄関はわかりにく場所ですので浴室の入り口かもしれません。もちろん和室などまったく違う場所であることもありますが。

愛知県一宮市近辺では玄関の構造が土間床式で玄関ドアの枠がその土間に接地している構造になっています。

この構造はタイルやその下のコンクリートの下をシロアリに侵入されやすい構造です。最初に餌となる木材、ドア枠に気付きますので被害も最初にあいやすいのは無理もありません。

あと犬走りといって基礎の外側に幅50センチ前後のコンクリート面がありますがこれもシロアリが寄りやすい構造と言われています。

シロアリ駆除の必要性に迫られた時、あなたのお住まいが愛知県一宮市ならばこれらの点を考慮する必要があるわけです。

また、玄関などの被害調査、点検をする時も見ただけでは判断できないことを知っておくとその調査点検の精度がわかるでしょう。この調査点検の精度が薬剤の使用量を減らすことにつながりシロアリ駆除のレベルもあがります。