白蟻退治は必要か!?

白蟻退治はもちろん必要です。

でも行き過ぎた過剰な対応は白蟻駆除剤による健康被害など新たな問題をひきおこします。


私: 「もちろん必要です。」

   「無頓着でいて良いわけがありません。」

   「でもね…。なんでもかんでも神経質になってすぐに殺せ殺せは行き過ぎです。」

   「例えば、庭の花壇の柵の根元が白蟻に喰われ引き抜いたら白蟻がいたと。
    確かにびっくりすると思います。でも、そこで出来る限り落ち着いてほしいんです。」

あなた:「白蟻がいたというのに落ち着けって…そんなこと言われても…。白蟻退治しないと…。」

私: 「わかります。わかりますよ。でもちょっとだけ聞いてください。」

   「その白蟻がもしヤマトシロアリという種類の白蟻なら庭のどこかで見つかったからといって
    スグに住まいに侵入してくるわけではないんです。でも、イエシロアリなら危険度は高く
    急いで退治しなければいけません。」

あなた:「う…ん。ヤマトシロアリなら緊急性はない。
    イエシロアリなら緊急性がある。ということですね。」

私: 「そのとおりです。もちろん、ヤマトシロアリでもいなければいないに越したことはありません
    ので減らしていく白蟻退治していく努力はされたほうがいいです。」

    「それと同時にお住まいの点検をされることです。こちらのほうが庭の白蟻退治よりも優先した
    ほうがいいです。」

あなたが愛知県にお住まいで以下のようなシロアリ駆除は必要かどうかお悩みをお持ちなら、今すぐまずはお電話ください。無料の電話番号は 0120-674-119です。もちろん、名前も住所もお聞きしませんので安心してください。それが本当にシロアリなのかどうか、緊急性があるのかどうか、どうしたら良いのかを一緒に確認しましょう。

 ①シロアリかもしれない虫を見つけた
 ②保証期間が過ぎ再度シロアリ工事を勧められた
 ③もらった見積価格は妥当なのか
 ④毎年、羽アリが出ていたがずっと何もせずにいた
 ⑤必要性はわかっていたがそのままになっていた

など気になっていること、訊きたいことにお応えします。

そうそう、ちなみに築年数15年前後、もしくは築10年から20年の間がもっともシロアリ被害にあうというデータがあります。いまどき、お金は大切ですから簡単に10万円単位の費用はなかなか簡単には出せません。でも一生の間に2回だけはシロアリ駆除工事をお勧めしています。

それは新築の時と築15年前後の時の2回です。

ご家族の思い出が積み重なった住まいです。それに、大切に手入れをすればずっとその住まいは快適に維持されます。ですので、5年に一度必ず工事をしなければならないとは思いませんが、最低限築15年前後で一度されるといいですね。

気になること、訊きたいことがあれば遠慮なくご質問ください。
愛知県を中心にシロアリ駆除工事を請け負う私ですが、無料でしかも匿名で相談にお答えしています。電話番号は、0120-674-119です。365日 朝6時から夜11時まで私シロアリドクター諏訪が直接電話に出ます。

シロアリで気になることがあれは、今すぐご連絡ください

※ホームページを見たのですが…いいですか?」とお話しください。うまく話せなくても大丈夫です。安心して今すぐお電話ください。

ココをクリック

※24時間以内に返信いたします

地域のシロアリ情報